自動車買取 自動車オークション

今回は自動車オークションがどのように進むのか、流れを説明したいと思います。

 

まず最初に行われるのは、出品物となる自動車の搬入になります。

 

そして会場の搬入場所に設置されたら、出品物のチェックをすることになります。

 

このチェックにより、出品予定の自動車の性能や状態などの詳細情報を調べあげて、出品票にまとめることになります。

 

出品票が完成したら、ダッシュボードの上あたりに設置されることになります。

 

そしてまた、出品票がひと通り完成したら、次は検査員による最終チェックになります。

 

ここで登場することになる検査員たちは、車鑑定におけるプロフェッショナルの存在であり、出品票を参考資料にして徹底的に自動車のチェックをすることになります。

 

そして検査員により、出品票に記されたデータと実物の車が一致していることが確認されれば、次の流れに移ります。

 

 

なお、もしも検査員がチェックした結果、出品票と異なる点があった場合は、出品票の作成からやり直しとなります。

 

出品票はオークションにおける大事な参考資料であるため、一切の妥協が許されないものであり、そのため作成には細心の注意が払われているのです。

 

かくして検査員のお墨付きで出品票が完成したのなら、次は競りの順番を決めることになります。

 

そして順番が決まったら、出品データ用の写真撮影となり、それが終われば後はオークション開催当日まで保管ということになるのです。

 

そうして、オークション開催当日になったら、すぐ競りがはじまるのではなく、まず下見を行なう時間が与えられます。

 

そして下見の時間が終わったら、いよいよ競りが開始されるという流れになっています。